【DIY】無垢フローリングのシミ取り・汚れ落としについて

【DIY】無垢フローリングのシミ取り・汚れ落としについて

私の家は、オーク(ナラ)の無垢フローリングです。

確か、自然塗料のオスモ(浸透性タイプの塗料)をあらかじめ工場で塗ったもので施工してもらいました。

住み始めて4年近く経ちますが、2回ほど蜜蝋クリームを塗っています。

ウレタン塗装のようなツヤツヤなのは嫌なので浸透性のものを使っているのですが、やっぱり水濡れには弱いようで、いつの間にかシミでとっても汚れてしまっていました。

Sponsored Link



無垢フローリングの水シミ

IMG_3475_1

こんな感じです。ひどいですね^^;

これは大きな掃き出し窓の近くで、夏に子供たちが庭でプール遊びをしていて濡れた体で掃き出し窓から出入りしてしまって。

もちろんすぐに拭いたはずなんですが、気づいたらこんなシミになってしまっていました。

見て見ぬふりをして過ごしてましたがさすがにこれはひどいよな^^;と思い…自分でなんとかしてみることにしました。

無垢のいいところは、自分で削ったりやすったりしてケアできるところと、ちょっとしたキズや汚れも味わいになるところだと思ってます。

なので、特に気負うこともなくヤスってみることにしました。

シミの部分をヤスリで削り取る

IMG_3479

使っている道具はこれです。
 

サンディングブロックと専用のサンドペーパー。サンドペーパーは裏面に粘着が着いているのでズレないし使いやすいです。

我が家ではなにかと重宝している道具です。

これでシミのあるところをヤスっていきます。

IMG_3486

サンディングブロックを使うと、面になっているので凹凸にならなくて安心です。

細かい木くずがでるのでハンディクリーナーで吸い取ってから、水ぶきをします。

IMG_3484

無垢フローリングは極力水でぬらさないほうが良いので、水ぶきするときは濡らしすぎないようにすると良いです。

私はいらないタオルや雑巾を全部水で濡らすのではなく、一部分だけ霧吹きで湿らせる程度にしています。

湿った部分で拭き取ってから、乾いた部分でもう一度拭くという感じです。

IMG_3475_5

拭き取ったらこんな感じになりました。

シミは薄くなりましたが、表面が白っぽくなって、ヤスった跡がついています。

丁寧に仕上げるには、さらに粒子の細かいサンドペーパーで仕上げると良いかもしれないですね。

塗料で仕上げる

次に蜜蝋クリームを塗ります。(もともとお使いの塗料を塗ってくださいね。)

IMG_3493

私がいつも使っているのはこれです。体に害のない、やさしい感じが気に入っています。

400gを買ったらけっこう使えます。少量タイプもあります。

IMG_3497

蜜蝋クリームを塗ったらしっとりと潤いました。

シミ取りする前と後を比べて見ました。

ビフォア↓

IMG_3475_1

アフター↓

IMG_3498

ずいぶんシミが目立たなくなりましたね。

もともと「キズや汚れも味!」と思って無垢フローリングにしているので、気軽に取り掛かることができました。

実はまだ他にもシミになっているところがあるので、同じようにケアしたいと思います。

自分でケアしながら味わいが増していくのを楽しむ。。やっぱり無垢フローリングにして良かったなと思います。

併せてお読みください

 

無垢フローリングの普段の掃除方法とお手入れについて

 
Sponsored Link