【DIY】タイルカッターがなくても大丈夫。タイルを自分で切る方法・カット方法・割り方

【DIY】タイルカッターがなくても大丈夫。タイルを自分で切る方法・カット方法・割り方

小さなモザイクタイルの場合は余白でごまかせる場合もありますが、98mm角のタイルを使う場合などは、どうしても寸法が合わず、カットしなければならないことがあります。

タイルカッターやベビーサンダーなど、特殊な工具を使わずに、タイルを割る方法をご紹介したいと思います。

目次
・タイルを割るために必要な道具
・タイルの割り方
 step1 タイルにカッターで切り込みを入れる
 step2 力でタイルを割る
 step3 タイルの切り口をやする
・タイルを小さいサイズに割る場合
・タイルカットのポイント

Sponsored Link



タイルを割るために必要な道具

  • 定規
  • カッター(できれば大きめのもの)
  • やすり
  • ペンチ(小さくカットする場合)

以上です。どこの家にもある、一般的な道具のみです。

タイルの割り方

STEP.1 タイルにカッターで切込みを入れる

タイルの割り方1

寸法を測り、タイルの裏面の切りたいところに印をつけ、定規を当ててカッターで切り込みを入れます。

彫るような感じで、何度もカッターで力を入れて切り込みを入れるとよいです。

この切込みが浅いと失敗しやすいので、できるだけ切り込みを深くするのがコツです。

タイルの割り方2

このような具合です。1.5mmほど切り込むと良いと思います。

STEP.2 力でタイルを割る

タイルの割り方3

切り込みを入れたラインと、台や机などの縁のラインと合わせて、台に乗せている側を片手でしっかりと押さえながら、もう片方の手で下方向へ力を加えてタイルを割ります。

STEP.3 タイルの切り口をやする

タイルの割り方4

切り口は写真のようにガタガタしていて、見た目も悪いですし、危険です。

必ずやすりでやすりましょう。一般的なやすりで大丈夫です。

タイルの割り方5

綺麗になりました。

これで完成です。

タイルを小さいサイズに割る場合

タイルの割り方6

写真のような小さなサイズに割らなければならないときは、同様にカッターで切り込みを入れた後、ペンチでつまんで割ると良いです。

両方小さなサイズの場合は、両方ともペンチでつまんで割ります。

ペンチがタイルの表面を傷つけるといけないので、布を当てると良いですね。

割った後は同様に切り口をやすりでやすって完成です。

タイルカットのポイント

このようにタイルは家庭にある一般的な道具だけで簡単にカットすることができます。

でも、特殊な道具を使って切るのと違って、どうしても割目が多少ゆがんだり均一にはならないという難点があります。

私は多少のゆがみはDIYならではの愛嬌かなと思いますが、できるだけ綺麗に仕上げたい場合は、実際の寸法よりもほんのすこし(0.5mmほど)大きくとって、やすって調整すると良いと思います。

Sponsored Link