【ソーイング】ヨレやすい生地をきれいにまっすぐ切る方法

【ソーイング】ヨレやすい生地をきれいにまっすぐ切る方法

IMG_3387

ダブルガーゼなどの目の粗い生地は、よれやすくて定規をあててもまっすぐに切るのって実はとても難しいです。

以前に、とあるお店でダブルガーゼ地を30~40cmほど購入したときに、家に帰って広げてみると、見事に平行四辺形のように斜めになっていてガッカリしたことがあります。

布の裁断に慣れている生地屋の店員さんでもそうなんですから、注意が必要です。

ソーイングで綺麗に仕上げるためにはまず裁断が綺麗にできているかどうかはとても重要です。

せっかくなら、完璧にまっすぐに切って美しく仕上げたいですよね。

目の粗い生地も確実にまっすぐ切る方法があるのでご紹介したいと思います。

 

Sponsored Link



布地(織物)は、縦糸と横糸とで構成されています。

その織り目に対してまっすぐであることが大切です。

織り目どおりに線が引ければよいのですが、目の粗い生地だと生地をまっすぐに整えるのにとても手間取ってしまいます。

なので、切る方向の糸を1本抜き取るのがてっとり早いです。

写真で説明したいと思います。

IMG_0225_2

写真の生地は、ヘリンボーン(綾織)の生地ですが目が粗く裁断の難しい生地です。

左の切れ端がガタガタしているので、写真の水色のラインでまっすぐに切りたいと思います。(写真のラインは生地に引いたものではなく、画像で引いたものです)

あらかじめカット終わりのところ横方向に切り込みを入れておくとよいです。(写真の黒いラインのところです)

IMG_0226

切ったところまで糸を抜き取ります。

IMG_0227

目打ちを使って、引き抜く糸を引き出します。

糸が細くて1本だと分かりづらい場合は2~3本ほど抜き取ると良いです。

IMG_0228

糸をひっぱって抜き取ります。

IMG_0229

糸が抜けたところに縦のラインができました。

あとはこのラインに沿って裁ちバサミでカットすればOKです。

IMG_0230

目に沿ってまっすぐに切ることができました。

四角形に切りたいときは同様に四方を切ると良いです。
Sponsored Link