【DIY】アイアンと木(古材)を組み合わせた家具を作る

【DIY】アイアンと木(古材)を組み合わせた家具を作る

アイアン(鉄)と木材の組み合わせ。どちらも古い昔から使われているという共通点があるからでしょうか。。とてもいい相性だなと思います。

温かみのある木に無機質な鉄を組み合わせることで、程よく引き締まる感じがします。

そんなアイアンと木を組み合わせた家具は、リサイクルを利用することで意外と簡単に自分で作ることができます。

今日は私の家で使っているものをいくつかご紹介します。

Sponsored Link



鉄と古材を組み合わせた卓上棚

IMG_3732

外側がスチール、引き出しが古材の書類棚です。

スチール部分は、よくあるオフィス用のスチール棚を利用しています。

IMG_2693

こんな感じの、引き出し部分がプラスチックのものはよく見かけますよね。(これは別のものの写真ですが^^;)

新品で買うのはけっこういい値段がしますが、リサイクルショップでも見つけることができます。

プラスチックの部分が欠けてしまったり割れてしまったりして、リサイクルショップで格安になっている場合もあります。

周りのスチールの部分だけを活かして、引きだしの部分は古材で作りました。

IMG_3741

底の部分はベニヤにするといいと思います。

取っ手とネームプレートは古い商店街の金物屋さんで買ったものです。

古い金具をつけてみると、よりアンティークっぽい雰囲気になりますね。

鉄と木を組み合わせた椅子

IMG_3739

アイボリーの鉄脚と木の組み合わせが可愛いチェアーとスツールです。

元々はこんなボロボロ…

643-b

これはご近所さんが捨てようとしていたのを譲っていただいたものです。

昭和50年代ごろまではこういう椅子が食卓でよく使われていたのだと思います。

私の実家でも子供のころ、こんな椅子でご飯を食べていた淡い記憶があります^^

椅子は背もたれと座面は取り払って、鉄の骨組みをスプレーペンキでアイボリーに塗りました。

木はのこぎりである程度形を削ってから、サンドペーパーでやすって丸みを出しています。

IMG_3744

スツールの鉄脚はもともとアイボリーだったのでそのまま利用しています。

アイボリーの鉄と自然な色合いの木材との組み合わせもライトな雰囲気で好相性です。

組み合わせによって色々な表情が楽しめる、鉄と木の組み合わせ

上の椅子は、鉄を黒色のままにして古材を合わせると、また全然違った雰囲気になりそうですね。

鉄と木の組み合わせと一口に言っても、錆びた鉄と綺麗に塗装しなおした鉄、古材と新しい木材など、組み合わせによっていろんな雰囲気を楽しむことができます。

そして鉄も木も、使っていくうちに錆が出たり色が変化したり表情が変わっていくのも魅力のひとつですね。

 

Sponsored Link