肌断食を経てケミカル断ちへ移行。目指すは健康かつ美しい肌。

肌断食を経てケミカル断ちへ移行。目指すは健康かつ美しい肌。

肌断食をはじめて2ヶ月。皮むけは治まってきたので、なんとなく肌のターンオーバーがワンサイクル終わったのかなという感じがしてきました。

肌断食中の様子についてはこちら↓の記事に書いてます^^

肌断食をやってみた!肌断食をしたいけど勇気がないという人へ。

ETVOSのミネラルファンデーションのおかけもあってストレスなくここまでこれたので、このまま順調に肌断食を続けていけそう!と思っていました。

ところがある日。仕事から帰って鏡を見たときに、なんとなく顔にハリがなくしぼんでいるような感じがして、なんだかしょぼくれて見えるような気がしてきました。

「これで本当にいいの…?」

Sponsored Link



肌断食によって自力で潤う力を取り戻したとしても、年とともにセラミドやコラーゲンを作り出す力は激減していくというし、自力だけで潤うにはやっぱり限界があるのでは…?

ふと私の祖母のことを思い出しました。祖母は化粧品なんてまったく使わず、ずっと肌断食をしてたようなものですが、年齢の割りに肌がきれいだったかというと、残念ながらそんなことはありませんでした。。

やっぱり美しくなるためには潤いは不可欠で、適切に補うことは必要なのではないか。。そんな気がしてきました。

そんな時、ネットを見ていたら、「肌断食では健康な肌にはなれるけれど美しい肌になれるわけではない」というようなことが書いてある記事を見かけました。まさに私の抱いた疑問通りのことが書いてあって、妙に納得できました。

そこでETVOSのスターターキットに化粧水のサンプルが入っていたことを思い出し、成分を見てみました。もちろん界面活性剤は不使用。そのほかにもシリコン、パラベン、鉱物油、合成香料、着色料が不使用とのこと。

健康でかつ美しい肌を目指すならば、やっぱり補うことも必要だなと決心し、ETVOSの化粧水を使ってみることにしました。

使ってみてみるとすごく潤う!しぼんでいた肌細胞ひとつひとつがなんとなくふっくらしたような。そしてとても心地いいんです^^

そんなわけで私のスキンケアは次のように定着しました。

  • 朝は水(ぬるま湯)洗顔+ETVOSの化粧水+ワセリン少量
  • メイクはETVOSのミネラルファンデーション(粉)
  • 夜は純石鹸洗顔+ETVOSの化粧水+ワセリン少量

IMG_6266

ETVOSの化粧水で潤いを補いワセリンで蓋をする。これで夕方まで乾燥は気になりません。

仕事から帰って鏡を見ても、前みたいにしぼんでいません。なんとなく瑞々しいんです。

使っているワセリンはこちらです。
【ゆうパケットのみ/送料無料】※日時指定不可サンホワイトP-1 50g

ワセリンもいろいろありますが、こちらが一番純度が高く安全性が高いようです。

使う量は米粒1~2粒ほどなので、50gでたくさんもちます。

そのほかに私が使っているメイク品はまた別記事で紹介したいと思います^ ^

肌断食は2カ月半ほどで辞めてしまいましたが、肌のターンオーバーがワンサイクル終えたところで、「ケミカル断ち」に移行するという考え方もあるようです。

そして今の肌のほうが肌断食前の肌よりも好きなんです。2カ月半の肌断食によって肌力は上がったのではないかなと思っています。

これからも界面活性剤に代表されるケミカルなものは極力肌には乗せずに、健康で美しい肌を目指していこうと思います!

Sponsored Link