血液サラサラ!氷酢たまねぎの作り方とアレンジレシピ

血液サラサラ!氷酢たまねぎの作り方とアレンジレシピ

酢とたまねぎの相乗効果で血管若返りが期待できると話題の「氷酢たまねぎ」を作ってみました。

作り方とアレンジレシピをご紹介します!

氷酢たまねぎの材料

  • 玉ねぎ2個
  • 酢 150ml
  • 蜂蜜 100ml

氷酢たまねぎの作り方

材料をミキサーにかけて、製氷皿に入れ冷凍にするだけです。

IMG_1354

我が家は小さなフードプロセッサしかないので、半量ずつ入れて作りました。

実際に使用した分量は(中サイズの新玉ねぎ1個、酢75ml、蜂蜜約50mg)です。

蜂蜜50mlを入れないといけないのに50mgと勘違いしてしまい、分量を間違えてしまいました。

でも、酢と玉ねぎが重要なので、蜂蜜の分量はお好みで調節してよいと思います。

IMG_1359

実際に出来た量です。

製氷皿のものは冷凍に、小皿のものはすぐに使うことにします。

IMG_1380

凍らせたものがこちら。

これを1日3ブロック摂取するといいそうです。

Sponsored Link



氷酢玉ねぎを使ったレシピ

シャーベット状なので、菜ばしなどでくずしやすいので特に解凍はしなくても大丈夫です。

氷酢玉ねぎを薬味として使う

IMG_1361

厚揚げ焼きや冷奴に。氷酢玉ねぎを載せて、おしょうゆでいただきます。

餃子のタレとして「氷酢玉ねぎ+しょうゆ」でいただいても美味しかったですよ。

氷酢玉ねぎを使った自家製ドレッシング

  • 氷酢玉ねぎ+サラダ油+塩コショウ
  • 氷酢玉ねぎ+ごま油+しょうゆ

など。組み合わせは色々ですがオイルと味付けを足すと、酸味の利いたオニオンドレッシングがすぐ作れます。

料理にプラスアルファで氷酢玉ねぎを加える

IMG_1404

  • サラスパやポテトサラダなどに。・・・マヨネーズを控えめにできるのでカロリーも抑えられます。
  • スープに。・・・酸味と玉ねぎのコクが隠し味になっていつもとはひと味違うスープになります。
  • カレーに。・・・これはまだ試してみていませんが、玉ねぎがコクととろみになってよさそうです。

他にも何にでも気軽に混ぜてみるといいですね。

料理の下ごしらえに氷酢玉ねぎをプラスする

  • 肉の下味に。・・・(しょうゆ、ごま油、砂糖、塩コショウ、+氷酢玉ねぎ)で下味をつけて、野菜と炒めてみました。酸味はそれほど主張していなくて、まろやかで隠し味になって美味しかったですよ。
  • しょうが焼きのつけダレに。・・・いつもの(しょうゆ、みりん、酒)に氷酢玉ねぎをプラス。いつもよりもさっぱりして、家族には「いつものしょうが焼きよりもこっちが好き!」と言われました。
  • ハンバーグに。・・・玉ねぎのみじん切りの代わりとして。時短になります。

氷酢玉ねぎを使ったデザート

野菜ジュースに混ぜたり、凍ったまま果物とミキサーにかければさっぱりとしたスムージーが作れます。

夏におすすめのレシピです。

 

Sponsored Link