DIYでエコカラットを貼る方法

DIYでエコカラットを貼る方法

エコカラットは、空気をきれいにしてくれるデザインタイルです。

臭いやシックハウスなどの空気中の有害物質を吸収してくれて、調質機能もあります。

我が家のトイレの壁に、エコカラットを貼ってみることにしました。

ビフォア

643-s2

シンプルすぎて少し殺風景です。

飾りのような感じで部分的にエコカラットを貼ることにしました。

材料

643-s1

151mm角エコカラット30枚入りを1箱と、専用の接着剤1本。

セットになっているものをネットで購入しました。

道具

  • メジャー
  • 鉛筆
  • マスキングテープ
  • 接着剤を塗るヘラ、または段ボール
  • (画びょう)

Sponsored Link



step.1 貼る場所にマスキングテープを貼る

今回は4×7枚の寸法で貼ることにしました。

窓の高さに合わせて、左右対称になる場所にしました。

643-s6

場所が決まれば、鉛筆で印をつけてマスキングテープで囲います。

接着剤が周りのクロスにつかないようにするためです。

実際の貼る範囲よりも1cmほど内側になるようにマスキングテープを貼るとよいです。

はい。ここまできたらいったん休憩。。

接着剤は30分で固まり始めるので、ここからは休まず一気に30分以内で終われるようにします。

step.2 接着剤を塗る

ヘラについて

その前に接着剤を伸ばすときに使うヘラについてちょっとご紹介。

643-s8

これは接着剤専用のヘラです。先が細かくギザギザになっていて接着剤が適量に伸ばしやすくなっています。

こんな専用ヘラがない場合は、段ボール箱でも代用できます。

IMG_1292

段ボールは、真ん中が波々な構造になっているので、片側の1枚を少し剥ぐようにしてカットすると、ギザギザのヘラの変わりになります。

IMG_1293

こんな感じです。

段ボールベラは使い捨てできるので便利です。

では塗っていきましょう

643-s7

接着剤を壁に適当に搾り出してからヘラで伸ばしていきます。

643-s11

均一に塗ったら、マスキングテープをはがします。

step.3 エコカラットを貼る

下からでも上からでもよいと思いますが、私は下から貼っていきました。

643-s13

重みでずり落ちないか心配だったので、乾くまで、下の部分に画びょうを留めてみました。

(これはやってもやらなくてもよいと思います^^)

643-s12

接着剤がはみ出ることはありませんでしたが、もしはみ出した場合は、すぐにティッシュでふき取ると良いと思います。

仕上がり

643-s14

少ない量だったので、簡単に貼ることができました。

貼る量が多い場合は、接着剤が乾き始める30分の間に貼り終えれるように分けて作業すると良いと思います。

臭いや湿度が気になる寝室や玄関にも試してみるといいですね。

Sponsored Link